協議離婚とは

2008年05月25日

目次 協議離婚とは

日本における離婚の9割以上が夫婦の話し合いによって離婚届を提出する「協議離婚」です。

離婚届に必要事項を記入して、夫婦それぞれ署名捺印し、2人の証人に署名捺印してもらい、市区町村役場に提出して完了です。

離婚届には、慰謝料の金額も養育費の金額も書く必要はありません。

ただ、子どもがいる場合は夫婦のどちらが子どもの親権者になるかを決めなければ、協議離婚はできません。

親権者が決まっていれば、基本的に離婚届は受理されます。

反対に言えば、「財産分与」「慰謝料」「養育費」「監護者」「面接交渉」などについては、まったく決まっていなくても、離婚できてしまうということに注意が必要です。

安易に協議離婚してしまったばっかりに、その後に決めることが多く、かえって問題が解決しにくくなったというケースもあります。

協議離婚こそ、しっかり知識を得て、慎重に進めなければならないのです。

その1 協議離婚の流れ−離婚の段取りを確認しよう
その2 協議離婚での争点−子どもとお金、離婚できるかできないか
その3 協議離婚でのトラブルをなくす方法は?−書面に残すことが大事
その4 離婚届の書き方
その5 離婚届はどこに、どのように提出する?
その6 協議離婚はいつ成立する?
その7 協議離婚を無効にする方法とは?−不受理申出を提出する



rikon_iroha at 18:43|Permalink