2008年06月02日

年金分割に関する「家事裁判・調停申立書」の書き方

下にある「年金分割に関する家事裁判・調停申立書サンプル」を参照しながら、作成してください。

この書類の意味と使い方

離婚後に年金分割のみを対象に、調停または審判を申し立てる場合に使う。


記入項目と記入時の注意点

/拡修調停のどちらかに○をつける。

⊆入印紙を添付する。

申し立てる家庭裁判所名を記入し、書類提出日を入れる。

た塾人及び代理人の氏名を記入し、押印する。

タ塾人の本籍、住所、電話番号、名前、生年月日を記入する。連絡先については住所で確実に連絡が取れる場合は記入する必要ありません。

α蠎衒の本籍、住所、電話番号、名前、生年月日を記入する。連絡先については住所で確実に連絡が取れる場合は記入する必要ありません。

年金分割の割合を記入する。別紙とは、社会保険庁から受け取った情報通知のこと。

┐匹舛蕕にチェックを入れる。

どちらかにチェックを入れる。

別紙とは情報通知のこと。「別紙1」としておく。

どちらかにチェックを入れる。

申請人の署名押印する。

【年金分割に関する家事裁判・調停申立書サンプル】
                         ※クリックで別窓で拡大します。年金分割に関する「家事裁判・調停申立書」の書き方1
年金分割に関する「家事裁判・調停申立書」の書き方2



rikon_iroha at 21:03│