2008年06月02日

その3 年金分割は厚生年金を分割

下の図のように、日本の年金制度は、3階建て構造になっています。

そして、年金分割の対象になるのは、2階の「厚生年金・共済年金」の部分(ピンクの部分)です。

したがって、自営業者は国民年金だけですから、離婚したとしても、その妻は、年金分割の恩恵を受けることはできないのです。

誤解が多いところですから、十分注意してください。

・第1号被保険者・・・20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業従事者やその妻、学生等のことで、「国民年金」のみに加入している者。

・第2号被保険者・・・会社員、公務員のことで、「国民年金」「厚生年金」「共済年金」(公務員の場合)に加入している者。

・第3号被保険者・・・主に会社員や公務員の妻(第2号被保険者に扶養されている専業主婦)で、自分で保険料を払わなくても「国民年金」に加入していることになっている者。

日本の年金制度

その4 実例にみる年金分割の額へ進む



rikon_iroha at 17:59│