2008年06月01日

その7 調停はどのように終わるのか?

ひとつ一つの内容を確認して、調停調書を作成する

離婚の意思はもちろん、親権、面接交渉、財産分与、養育費などすべての要項を話し合い、合意に達して、調停委員が「合意内容は妥当」だと判断すれば、調停が成立することになります。

その後、家事審判官、裁判書記官、調停委員が立ち会う中で、離婚の意思確認、財産分与、慰謝料などすべての取り決めに関する調停調書を作成します。

確認事項のなかに、不明な点、納得できない点があれば、臆することなく家事審判官に質問しましょう。

家事審判官の説明を受けても、どうしても納得できないという場合には、はっきりと伝えましょう。

その場合には、折り合いがつく見込みがある限り調停が継続されますし、その見込みがないと判断されれば、調停は不成立とされることになります。

この調停調書は裁判離婚の場合の確定判決と同じ効力を持っています。

そのため、調書作成後は、控訴、上告などの不服を申し立てることは一切できません。

さらに、調書の内容を正しく履行しない場合には、強制執行を受ける可能性も生じます。

調停調書は、それだけ強い効力を持つのだということを覚えておきましょう。


調停が終了しても、離婚届を出さなければ離婚成立とはならない

調停が成立し、調停調書が作成されれば、調停離婚は成立ですが、市区町村役場に届け出る必要があります。

届出を行うのは通常申立人です。申立人が行わない場合、相手が届け出ることもあります。

届け出る先は、夫婦のもとの本籍地、あるいは申立人の住民票のある市区町村役場になります。

届け出る際に必要な書類は、[ズ届、調停調書の謄本(コピー不可)、8誉卞ニ棔碧楡卉楼奮阿貌呂噂个觝櫃防要だが、本籍地に届け出るなら不要)となります。

△猟環篦棺颪瞭ニ椶蓮調停が終了した際、裁判所に置いてある交付申請書で申請することができます。

最後に、届け出る期間ですが、調停成立の日から10日以内に届け出なければなりません。

これを過ぎても、離婚自体が向こうになるというわけではありませんが、できるだけ期間内に届け出るようにしましょう。

期間内の届出を促すために、期間内に届出をしない場合には戸籍法によって3万円以下の過料に処するとされていますので気をつけましょう。

その8 審判離婚とはへ進む



rikon_iroha at 18:31│