2008年06月01日

その2 調停離婚の流れ

調停離婚の流れ
調停委員を交えて話し合って、双方が離婚(財産分与、親権などの離婚条件についても意見が違う場合にはこれらも含む)に合意すれば、調停調書が作成され、調停は終了します。

しかし、調停委員を交えてどれだけ調停期日を重ねて話し合っても、話がまとまらないとわかった時点で調停不成立(「不調」とも言います)となり、調停不成立証明書が作成されます。

それでもなお、離婚を希望する場合には、裁判を起こして、裁判所に判断を委ねることになります。

協議離婚がうまくいかないからと言って、いきなり裁判をすることはできません。

必ず一度は調停を申し立てて、調停手続で解決を試みなければ裁判はできないという建前になっています。

これを調停前置主義といいます。

夫婦の問題を法律的な見地から考えて、離婚が妥当かどうかを判断するのは、必ずしもベストとはいいきれません。

協議離婚の話し合いのとき、どんなに話が平行線を辿っていたとしても、裁判をする前に、まずは調停委員を交えて話し合いましょうというルールになっています。

その3 調停離婚の特徴は?へ進む



rikon_iroha at 17:18│