2008年05月31日

母子福祉資金

「母子福祉資金」というのは、母子家庭の方々が経済的に自立するために必要な資金のことで、各自治体では、その貸付を行っています。

しかも、無利息や年3%程度の低利で借りることができるものです。

このような制度があることを知らないばかりに、高利の消費者金融に手を出すなどということがないように、是非とも知っておいていただきたい制度です。

自治体によって貸付金の名称、貸付限度等が異なる場合もありますが、貸付金の種類としては以下のようなものがあります。


・事業開始資金
事業を開始するのに必要な設備、機械等の購入資金

・事業継続資金
現在営んでいる事業を継続するために必要な商材等の購入資金

・就学資金
児童を高校大学高等専門学校専修学校に就学させるために必要な資金(授業料、書籍代、交通費等)

・技能習得資金
事業を開始し、または就職に必要な知識技能を習得するための資金

・就業資金
児童が事業を開始し、または就職に必要な知識技能を習得するための資金

・就職支度資金
母親児童が就職するために直接必要な被服、靴等の購入資金

・医療介護資金
医療または介護を受けるために必要な資金

・生活資金
技能習得資金、医療介護資金の貸付期間中等の生活を維持するために必要な資金

・住宅資金
住宅の購入やリフォーム等に必要な資金

・転宅資金
住居を移転し、新しく賃貸するのに必要な資金

・就学支度資金
児童の就学、就業に必要な被服等の購入資金

・結婚資金
子どもの婚姻に必要な資金


これらの資金は、あくまでも貸付金ですから、返す必要があることに注意してください。返済期間は3年のものもあれば20年のものもあります。

自治体によって資金の名称や貸付限度額、返済期間等が異なる場合もありますので、ご利用を検討している方は、必ず最寄の福祉事務所や自治体の福祉局等にお問い合せください。



rikon_iroha at 18:49│