2008年05月29日

その1 養育費の支払い状況について

67%の家庭は受け取ったことすらない

母子家庭を対象とした聞き取り調査では、以下のような驚くべき結果が出ています。

・養育費の取り決めをしている・・・34%
・現在受け取っている・・・・・・・・・・17%
・以前、受け取っていた・・・・・・・・・15%
・受け取ったことがない・・・・・・・・・67%

養育費を今まで受け取ったことがない母子家庭が67%もいることには、正直なところ驚きました。母子家庭の平均年収が200万円ちょっとであることを考えると、これは深刻な問題です。

離婚後も子どもに不自由な思いをさせないためには、父母の協力が必要となります。

父親は、子どもに養育費を支払うこと。母親は、父親から養育費を支払ってもらえるように最大限の努力をすること。この2点です。

夫婦というものは、元々は他人同士です。したがって、全ての結婚がうまくいくとは限りません。離婚が珍しい時代ではなくなりました。

でも、親子関係というのは、切っても切れないものです。例え、父母が離婚したとしても、その子どもが父親の子であること、母親の子であることに変わりはないのです。

その2 養育費の請求金額へ進む



rikon_iroha at 10:00│