2008年05月27日

その8 離婚後に親権者が死亡した場合

例えば、妻(母親)を親権者として決めて離婚し、母親が子どもを育てている状況で、母親が死亡してしまったという場合、誰が子どもの親権者になるのでしょうか。

この場合、子どもをめぐって、

(貎討実家に戻って子どもと暮らしていた場合は、一緒に住んでいる母親の両親

∋劼匹發良秧

この両者が関係することになります。

両者とも子どもを引き取りたいと考えている場合は、

〜追稱譴梁Δ箸靴討蓮家庭裁判所に「後見人」(後見人は子どもの監護権を持つ)選任の申し立てをし、「後見人」に選任してもらい、引き続き子どもの面倒を見る。

父親としては、家庭裁判所に親権者変更を申し立てる。

ということになります。

この場合は、最終的には、「祖父母と父親のどちらが子どもの面倒を見るのが適切か」ということを家庭裁判所が判断することになります。

その9 離婚後300日以内に生まれた子どもは?へ進む



rikon_iroha at 19:46│