2008年05月25日

その9 弁護士の選び方、付き合い方

弁護士との付き合いには大きく分けて、2種類あるといえます。

ひとつは弁護士から離婚についての法律的な手続きを教えてもらったり、自分の状況に関する助言を得るという付き合い方です。「弁護士に相談する」という付き合い方です。
こうした相談はできるだけ早期にするのが得策です。
自分でいろいろ調べることも大切ですが、専門的な意見をより早く得ることで適切な手続きが選択でき、より納得のいく解決を図ることが可能になります。

もう一方の付き合い方は、弁護士にあなたに代わって活動してもらうことです。「あなたの離婚という事件の処理、解決を弁護士に依頼する」という付き合い方です。

どちらにしても、「よく話を聞いてくれる」「わかりやすく説明してくれる」「費用についてもしっかり説明してくれる」など、つきあいやすい弁護士を選ぶことが大切です。

最初に相談した弁護士に依頼しなければならないということはないので、若干の費用と手間はかかっても、できるだけ自分に合う弁護士を探すことが肝心です。


目次 誰でもわかる離婚の知識へ戻る



rikon_iroha at 10:51│