2008年05月25日

その5 離婚のための準備

財産分与のメドをつける

離婚時の財産分与のメドをつけるためには、夫婦の共有財産がどのくらいあるのかを確認しておくことが必要です。結婚後に購入したものや預貯金のリストを作り、現在の評価額も併せて確認しておきましょう。

不動産に関しては、近くの不動産屋さんに取引相場を尋ねたり、住宅販売のチラシなどで同等の物件の金額をチェックしておくだけでも意味があります。

財産分与の対象となる財産は、どちらの名義になっているかは関係ありません。ですから、相手名義の財産を把握しておくことが、財産分与の請求を有利に進めるために重要です。

不動産、預貯金、有価証券、保険、会員権など、一度まとめて確認しておくといいでしょう。


離婚原因の有無をチェック

離婚を切り出したとき、相手が応じないことも考えられます。その際、離婚原因の有無が大きなポイントとなるので、法的に有効な離婚原因があるかをチェックして、専門家に意見を聞いておくと調停や裁判で有利に働くでしょう。


その6 離婚届を受理しないで欲しい場合は?へ進む



rikon_iroha at 10:45│